育児で腱鞘炎に!大阪の整骨院でのマッサージ治療で改善

私は大阪在住で、初めて腱鞘炎を発症したのが20代後半でした。
その時、子どもは生後3ヵ月で、このころから体重がどんどん増加。
普段から手首を動かす運動などをしていなかったので、私には大きな負担だったのかもしれません。
子どもを抱きあげた途端、右手首にピシッと軽い痛みを感じました。

普段の生活でも痛みが続くため、右手首をかばうように生活を続けていたのですが、次第に左手まで痛みだしました。
気付くと常に手首から親指の付け根まで、ジンジンとした痛みが続くようになったのです。

当時は腱鞘炎のことを知らず、インターネットで症状を調べて知りました。
子育てサイトなどを見ていると、育児での腱鞘炎発症率はよくあるとのこと。
どのように治せば良いか調べているうちに、湿布を張ったりマッサージをしたりするのが有効だと知りました。
湿布はできるけど、マッサージは下手をすると症状が悪化してしまう可能性があります。

プロのマッサージ師に頼めば良いのですが、マッサージと聞くとリンパマッサージやボディケアなどしか思いつかないです。
腱鞘炎が治せるマッサージ店なんであるのかと不安になりながら探していると、鍼灸整骨院を見つけました。
整骨院はバキバキに痛い整体をするイメージがあったので少し不安でしたが、ホームページで施術内容を確認し、口コミ評価も見ると評判が良さそうです。
放置したままでは家事や育児にも支障が出るため、私はその整骨院に望みをかけました。

予約日は姑に子どもを任せて病院へ向かうと、年配だけではなく同世代ぐらいの女性も多い印象です。
そして診察室に入って診断を受けると、やはり育児による手の負担が大きかったようです。
本当はレントゲンをとった方が良いらしいのですが、現在授乳中であるため、問診のみの配慮は好印象。
整骨院であるため、やはり施術は整体です。

しかしバキバキとした強いマッサージではなく、ソフトで優しい治療でした。
炎症を抑える注射もあるそうですが、育児中は再発率も高いため、積極的な進めはなく、湿布を貼るとサポーターで固定し、手首ではなく腕全体を動かして子どもを抱くというアドバイスを受け、今回の治療は終わりました。
それからも月2日ペースで通院し、マッサージやお灸の治療に合わせ、湿布やサポーターを併用することで、だいぶ痛みがなくなりました。
ほとんど痛みがなくなったころに、再発を防ぐために家庭でもできるマッサージやストレッチ法を教えてもらい、今では腱鞘炎の影響はなく育児をしています。

もっと見る

仕事の業務が忙しくて腱鞘炎間近 マッサージで解消

接客業から事務に転職しました。
私は来年結婚するのですが、私の夫は土日休みなので生活を合わせるために、私も同じように土日休日の仕事へ変えたのでした。
前の仕事は土日はほとんど休めなかったし、ゴールデンウィークやお盆もなかったんですよね・・・。
ですが結婚すると、こういった休みはお互いの実家に帰省したりと、事情が変わってきます。
ということで今は事務職をしているんです。

ですが、入力作業がものすごく多くて、毎日ものすごく手が疲れてしまいます。
手のしびれを感じたりするほどです。
夫は無理して仕事を続けなくてもいいからねと言いますが、将来子供も欲しいので子供を産むためにはそれなりの資金が必要です。
2人だけで暮らしていくなら夫だけの給料でも何とか大丈夫そうですが、やはり共働きしないと子供を養うのは難しそうなんです。

手首が疲れるのは、最初のうちで慣れていないからからだろうと思っていたのですが3か月経っても変わらずこのままでは腱鞘炎になってしまいそうです。
健康はお金じゃ買えないしやっぱり仕事を辞めよう・・・そう思っていた時に、仲良しの同僚に相談すると「私も最初にうちは慣れなくて手がすごく痛くなった!仕事に慣れたら痛みもなくなると思うよ。でも最初のうちは定期的にマッサージに行っていたから良かったら行ってみるといいよ。」とアドバイスをくれました。
あとこの仕事が出来るとスキルアップにつながるから続けた方がいいとか。
今勤めている会社は優良企業で産休や育休制度もしっかりあり、せっかく良い仕事を見つけたので簡単には辞めたくありません。

そこで同僚に教えてもらった大阪市内のマッサージ店に行って手首をマッサージしてもらうことになりました。
マッサージ後は手首の痛みも結構引いて、翌日の仕事もはかどりました。
また、痛みが気になるようになったら通ってと繰り返すうちに痛みを感じる回数も減っていき、仕事も早く出来るように!
これはすごい効果です!

そして仕事を始めてから半年後、業務にもすっかり慣れて手首の痛みもなくなりました。
繁忙期などはごくたまーに痛くなることがあり、その時にマッサージ店に通ったりしています。
マッサージ店に行けばすぐに良くなるので、今後もなるべく頻繁に通っていくつもりです。
それにマッサージは気持ちがいいので私のリフレッシュタイムにもなっている気がします。
仕事を頑張って続けてこられたのもマッサージのおかげです。

もっと見る

デスクワークで腱鞘炎に…!親にマッサージに行くよう勧められました

社会人になり、毎日忙しい毎日を送っています。
仕事内容は簡単に言うとデスクワーク。
毎日パソコンとにらめっこ状態で過ごしています。
大変ですが、希望していた職種なので苦でもなく、同期や上司も良い人たちが多く助かっています。

そんなある日、指が痛いような気がする…。
指を広げようとすると痛みを感じるのです。
何だろう…と思いましたが、それほど痛みもなかったので放っておきました。
ですが、1週間後…。
ペットボトルを取ろうとした瞬間激痛が!
あまりの痛みに思わず落としてしまいました。
指を動かそうとしても痛みを感じ顔を歪めながらする感じに…。
これはマズイと思い、すぐに病院へ。

「腱鞘炎」と言われました。
運動もしてないし何で腱鞘炎に!?と先生にも言いましたが、仕事で使うパソコンがいけなかったらしいです。
同じ動作を何度も繰り返しているので、デスクワークの人も腱鞘炎になりやすく、多くの人が受診していると聞き驚きました。
病院ではテーピングと薬を貰い終わりましたが、このまま悪化したり長引くと最悪手術にもなると言われ…。
手術は流石に嫌なのでどうしようかと上司に相談。

暫くは残業なしの定時上がりとなり、みんなに迷惑をかける事に…。
みんなは優しいので「ゆっくり休め!」と言ってくれ本当に助かりました。
その後、パソコンを使う回数も減らしたせいか強い痛みはなくなりました。
でもまだ痛みはあります。

そこでマッサージに行ってみる事に。
最初は躊躇したのですが、親に行って来いと言われ渋々行く事に。
大阪でも1、2を争う素晴らしいマッサージ師がいるらしく、ちょっと期待はしましたが、マッサージで治るものかという不安がありました。

予約を取り早速行ってみると…。
「ウソだろ!?」この一言です(笑)
驚くくらいに手が動かしやすくなって、指も広げられる!
マッサージでここまで変わるとは正直微塵にも思っていなかった自分は心の中で謝りました。
1回の施術だけでここまで変わるとは…。

ついでに凝り固まった肩もやってもらったのですが、踊りたい位に体が軽くなりました。
マッサージには生まれて初めて行ったけど、ここまで気持ちのいい物だとは思っていませんでした。

それからは定期的に通うようになり、腱鞘炎も気にならなくなり、仕事も順調に進めています。
肩こりもしなくなったので、仕事も捗り褒められるしで最高!
マッサージを勧めてくれた親には感謝でしかないです。

これからも無理のしすぎに気を付けて頑張ります!

もっと見る

保育士として働いてから腱鞘炎に悩まされました

学校を卒業し、保育の道へ進みました。
子どもの頃からの夢が「保育士」
勉強は大変でしたが、去年から保育士として大阪で働き始めました。
毎日ワンパクな子供たちと接する事で、元気をもらい笑顔溢れる生活を送っていますがひとつ問題が…。
それは体調面。
毎日元気いっぱい走ったりして遊んでいる子供たちと一緒にいるので、筋肉痛は日常茶飯事。

転んで足や手にけがをしたりする事なんて良くある事。
そして何よりも腱鞘炎に悩まされています。

私が担当しているのは未満児さん。
しかも1歳未満の子たちなので、抱っこやおんぶが欠かせません。
湿布を貼ったりもしますが、匂いが気になる事が多く…
テーピング等をしてもお子さんが相手なので、取れたりしたら危ないかな、と思いあまりしていません。

夜、お風呂に入ったあとに湿布をしてサポーターをして寝たりするのですが、それだけではあまり効果もなく…。
これ以上悪化する前に何とかしなくては…と思い、まずはマッサージをしてもらう事に。

先輩保育士さんの中でも腱鞘炎になった経験がある方が多く、「マッサージが効果ありだよ~!」と教えて下さったので、今回はオススメされたマッサージ店に行ってみる事に。
マッサージは初めてでちょっと緊張。
私はまだ腱鞘炎の中でも軽い方だと安心していましたが、その安心が命取りだと言われ、「もしこのまま放っておいたら、もっと酷くなって仕事が出来なくなるよ!」なんて怒られたりもしましたが、技術は最高で終わった後はいつもよりも手首が動かしやすい!
手頸を庇うので腕も痛みがあったため、一緒にマッサージをしてもらいました。

また、腱鞘炎の予防法も詳しく教わってきました。
ストレッチが重要らしく、毎日やった方が効果的との事で、それからは忘れずにストレッチを行っています。
それのお陰か、今では手首の痛みがそれほど無く、子供たちを抱っこする時も平気。
正直マッサージだけでこれほど良くなるとは思っていなかったのでビックリ。
良くてその日痛くない程度かな…と考えていたので、驚きです。

私たちの職業は、思っているよりも体を使うので毎日が大変。
ただ遊んでいるだけではなく、とっさの判断が出来るように体の調子は常に万全でないといけません。

私みたいに腱鞘炎に悩んでいる保育士さんは他にもいっぱいいると思います。
そんな時にはまずはマッサージや鍼を試してみる事をオススメします!

これからも子供たちと元気いっぱい遊べるように、時にはマッサージで癒されながら、これからも健康に気を付けて頑張ります。

もっと見る

まさか自分が・・・検査の仕事で腱鞘炎になりました

1日8時間労働で、検査の仕事を始めました。私は数年前に結婚し、大阪へ引っ越すことに。
それから息子が保育園にあがるまで子育てと専業主婦生活を4年間続けていましたが、息子の入園のタイミングで働くことになりました。
事務はもういいかなぁ~と人と接することにとても神経を使っていたので、製造や組立てなど誰でも簡単にできる仕事を探していたんです。

そんな時広告に入っていた求人で、自宅から車で10分くらいで通える仕事を見つけました。
業務内容は、外観検査と言って5ミリくらいの電子部品を顕微鏡で見ながら不良品チェックするものでした。
細かい作業も嫌いじゃないし、これなら人の目を気にせず黙々とできる仕事かもしれない!と思い応募してみました。
面接があり数日後に採用結果が届き、見事合格です!

ヤッターと夫や息子に喜びをアピールし、翌週から働き始めました。
小さな部品を扱うため顕微鏡でのぞいて不良を見つけます。
しばらく勤めていると、目は乾くし、肩はこるし、おまけに指を細かく動かす必要があるのでたまに攣ってしまうんです。
なかなか楽な仕事なんて無いんだな・・・と思いました(笑)

そして働き初めてから半年くらい経ったとき、突然右手の親指に力が入らなくなり痛みが!
なんだろう・・・と痛みをかばいながらなんとか仕事は続けていたものの、全く良くなる気配も無かったためネットで色々調べはじめます。
そこで「腱鞘炎」という普段見たことのない漢字が目に入りました。

もしかしてこれって「けんしょうえん?」って読むの?原因や症状の説明を読んでいて疑いから確信に変わりました。
仕事で使いこんでいる右手は、いつも同じ動作を繰り返しているためどうやら負担が大きかったようです。
仕事に帰ってきてからの家事も利き手なのでかなりやりずらいし、息子に抱っこをせがまれても自然に拒否反応が。
息子にも申し訳なくなりました。

放っておいてもよくないと判断した私は、夫に相談した結果近くにある整骨院に行ってみることにしました。
そこで恐らく腱鞘炎だねと言われて、「もうちょっと早く来れたら良かったのに」の言葉に猛反省しました。
そしてマッサージをしてもらい、さわられるのが怖くて仕方なかったけど不思議と痛みはなく我慢できました。

腱鞘炎と聞くと、年配の人がなるイメージだったけど年は関係ないんですね。
腱鞘炎の予防としてセルフマッサージの方法を教えてもらい実践しています。
幸い、仕事も続けられていますがなるべく同じ動きをしないように気をつけています。

もっと見る